[PR]

 厚生労働省が設置した特別監察委員会は、「毎月勤労統計」の不正調査に組織的な関与や隠蔽(いんぺい)は認められなかったと結論付けた。だが、省幹部が不正を認識していたことなどが判明し、釈然としない部分を残す内容だ。政権は28日召集の通常国会を控え、丁寧な事実解明よりも早期の幕引きを優先して動いている。▼…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも