[PR]

 数年前、本紙新潟版に印象深い一首があった。〈予想外まで息吐(つ)きて除雪せし翌日降り積みもとのもくあみ〉沢口貞二。せっかく除雪した翌日に無情の雪がまたどっさり。豪雪地帯の冬は木阿弥(もくあみ)の嘆きの繰り返しである▼雪下ろしの重労働を何とか軽くできないか。新潟県燕市の金属加工業、坂井秋雄さん(68…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも