(時事小言)「安定」政権の日本 多国間協力主導に活路 藤原帰一

有料会員記事

[PR]

 私の名前、帰一は、石橋湛山とともに東洋経済新報社で活躍した遠縁の親戚、三浦銕太郎につけられたものだ。東西対立が終わり新しい時代が生まれると考えた老ジャーナリストは、その夢を赤ん坊の名前にこめたらしい。三浦銕太郎は少し先走りしたのだろう。私が生まれてから冷戦が終わるまで30年以上が必要だった。そして…

この記事は有料会員記事です。残り1790文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら