[PR]

 日本統治下の朝鮮半島から女子勤労挺身(ていしん)隊員として動員され、機械メーカー・不二越の軍需工場で働かされた韓国人が損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、ソウル地裁は23日、同社の控訴を棄却し、同社に対して1億ウォン(約1千万円)を原告に支払うよう命じた。同社に対しては、ソウル高裁が18日、元徴用工と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも