[PR]

 漫画家の手塚治虫(1928~89)が残した「火の鳥」の続編の構想原稿を元に、直木賞作家の桜庭一樹さんが「小説 火の鳥 大地編」を書くことになった。日中戦争期の大陸を舞台に歴史とSFが盛り込まれ、“神様”手塚のロマンがうかがえる原稿から、桜庭さんが長編を紡ぎ、朝日新聞に連載する。▼35面=構想全文

 「火の鳥」は、時代や場所を変えながら、不死鳥である火の鳥とその力を追い求める人々を描く物語。生きることの意味、人間の尊厳や愚かさを問う手塚のライフワークで代表作の一つだ。

 漫画「火の鳥」の始まりは、1954~55年に連載した「黎明(れいめい)編」。その後、手塚は過去と未来を行き来する構想を作り上げ、67年、卑弥呼(作品ではヒミコ)が登場する3世紀を舞台に描き直した「黎明編」を連載。35世紀以降の「未来編」などを経て現代に近づき、「鉄腕アトム」が誕生する2003年で完結の予定だったという。だが手塚は、7世紀と近未来を描く「太陽編」の連載を88年に終え、翌年に死去。「火の鳥」は未完のままだ。

 構想原稿は400字詰め原稿用紙に鉛筆書きで2枚と5行。「序幕 タクラマカン沙漠(さばく)の一角、果てしない荒野」と始まる。この原稿を手塚は「大地編」と呼んだ。手塚プロダクションが保管しており、ファンらには存在が知られていた。(滝沢文那)

 ■「be」で連載へ

 桜庭さんの小説は、朝日新聞土曜別刷り「be」で4月6日から毎週連載する。挿絵は、イラストレーターの黒田征太郎さんが担当する。

こんなニュースも