[PR]

 遠い昔、はるか遠くの地で起きた悲痛な出来事を、わがこととして受けとめることができるのか。そんな難題に挑んだ宮城聰(さとし)とSPAC(静岡県舞台芸術センター)の新作「顕(あらわ)れ」は、アフリカの奴隷貿易をめぐる暗黒秘史を神話的スケールで描く。パリ・コリーヌ国立劇場との共同製作により昨秋パリで初演…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも