[PR]

 大阪市発注の電気工事の入札で市職員も関与して談合が行われた疑いが強まったとして、大阪地検特捜部は24日、官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで大阪市役所や入札参加業者などの家宅捜索を始めた。入札に関与した市職員や業者らからも任意で事情聴取する方針。

 関係者によると、談合があった疑いが…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも