[PR]

 ■どうなるかわからんし、どうにかなるし

 訳書は500冊以上。10代が主人公のヤングアダルトから社会派のノンフィクションまで幅広い。押しも押されもせぬ翻訳家だが、「カレー屋になるはずだった」と言う。

 中学時代、岡山の自宅にあった文学全集を読み始めた。翻訳小説は好きだったが、英語は苦手。大学受験…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも