[PR]

 モバイルバッテリーなどに使われるリチウムイオン電池の事故が、2017年度までの5年間で582件起きていたことがわかった。独立行政法人・製品評価技術基盤機構(NITE)が24日、発表した。事故の約4割は、リコール対象製品で、リコール情報を把握していれば防げた可能性もあるという。

 リチウムイオン電…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも