[PR]

 教員の働き方改革を検討してきた中央教育審議会が25日、長時間労働の解消などに向けた対策を盛り込んだ答申をまとめた。時間外勤務の上限として「月45時間、年360時間」のガイドラインなどを提示したほか、忙しい時期に定められた労働時間を延ばす代わり、夏休みなど長期休暇で休みをまとめ取りして労働時間を年単…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも