「年齢的限界、超えてみたい」 三浦雄一郎さん、帰国

有料記事

[PR]

 南米大陸最高峰アコンカグア(標高6961メートル)の登頂とスキー滑降を目指し、断念したプロスキーヤー三浦雄一郎さん(86)が26日に帰国し、東京都内で記者会見した。今回の遠征を振り返るとともに「人類の年齢的な限界を超えてみたい」と、90歳でのエベレスト挑戦に改めて意欲を示した。

 三浦さんは標高6…

この記事は有料記事です。残り204文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。