[PR]

 煮えたぎる釜の口に、早苗ちゃんは、水を一杓さした。/と、ピタッと松風が止(や)んだ。

 (森下典子)

     ◇

 茶室でいつも静かに鳴り続ける音。「松風」。釜の底に鉄片が漆で貼りつけてあり、沸きだすと「し、し、し、し」と断続的に鳴り、やがて「し――」と一つになる。煮えたぎる中、水を一杓(しゃく…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも