[PR]

 漢(おとこ)がいた。そう語り継がれるノンフィクション作家がいる。本田靖春。戦後社会の変容をにらみ、透徹した理想を掲げ、声の小さい人の側に立ちつづけた。そんな人と作品を追った『拗(す)ね者たらん』(講談社)が刊行された。時代、国家、生き抜くこと。本作をめぐり、著者の後藤正治さん(72)がライターの武…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも