[PR]

 スノーボードの世界ジュニア選手権は26日、スイスのレザンでハーフパイプ(HP)が行われ、男子は平野流佳(ムラサキスポーツ)が96・3点で優勝し、口寸保頼央(高鷲スノーパークSC)が89・5点で2位に入った。女子は小野光希(スノーヴァ溝の口―R246)が87・3点で制した。(共同)

こんなニュースも