[PR]

 7世紀の飛鳥時代に描かれた奈良県斑鳩(いかるが)町の法隆寺金堂壁画は、70年前の火災で極彩色の色彩が失われた。その焼損壁画の初の総合調査が約3年かけて文化庁と朝日新聞社の協力で行われ、27日、中間報告が発表された。調査の過程で焼損後に撮られたガラス乾板12枚がみつかった。

 ■収蔵庫に守られ、新…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも