[PR]

 スマートな身のこなしから生まれる明朗かつ豊潤な音楽。首席客演指揮者として初めて、読売日本交響楽団の定期に挑んだ山田和樹のステージである(18日、東京のサントリーホール)。

 とにかくプログラムが精巧だ。起承転結にそっているのだが、なかなか深い。知られざる日本人作品を紹介してきた山田らしく、冒頭は約…

この記事は有料会員記事です。残り579文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り579文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り579文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも