[PR]

 子どもの治療薬は、大人の薬に比べて安全性や有効性が確認されていないことが多い。特に患者が少ない難病では製薬企業の利益が出にくく、臨床試験(治験)が難しいこともあり、なかなか開発が進まない。現状を改善しようと、日本小児科学会は治験を後押しする仕組みを作った。

 埼玉県の会社員男性(38)と妻(32…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも