[PR]

 ■震災遺構解体に無力感。でも前向き。「死を覚悟。悔い残らぬように書く」

 目の前で、重機がうなりをあげて「震災遺構」を壊していく。岩手県大槌町で「大槌新聞」を1人で書く菊池由貴子(きくちゆきこ)(44)は「自分は何と無力なんだ」と思う一方、「これからが大事だ」と前を向く。

 多くの職員が犠牲にな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも