[PR]

 「大拙、その可能性と不可能性」(群像二月号)と題された、安藤礼二、中島岳志、若松英輔による、日本の近代思想と表現をめぐる鼎談(ていだん)の中で、そこまでの話の流れを断ち切るようにして、ほとんど唐突に、若松はこう発言する――「(本居)宣長は歌を詠みます」。続けて「論理の枠からこぼれ落ちるもの、言語で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも