[PR]

 作家の東山彰良(あきら)さんが、幕末を舞台にした『夜汐(よしお)』(KADOKAWA)を出した。デビュー15年、50歳の節目の時期に執筆したが、歴史時代小説は初めての挑戦。背中を押したのは、一昨年に亡くなった、ある先輩作家だった。

 時は文久3(1863)年、長州藩士が英国公使館を焼き打ちして間…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも