(語る 人生の贈りもの)里中満智子:4 原稿、あちこちに送りつけた

有料記事

[PR]

 ■漫画家・里中満智子

 《悩んだ末、里中さんは自宅のすぐ近くにある、共学の公立高校に進学する》

 予鈴が鳴ってから家を出ても間に合うくらいの距離で……。さすがに在学中、遅刻はしませんでした(笑)。

 漫画雑誌への投稿は中学2年のころから始めていました。当時はまだ新人漫画家の公募とかもしていなくて…

この記事は有料記事です。残り677文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!