(福岡伸一の動的平衡)沖縄の縄文人、焼き肉に舌鼓?

有料会員記事

[PR]

 亥(い)年で思い出したこと。それは沖縄県埋蔵文化財センターで見せてもらったイノシシの骨のことだ。嘉手納基地がある区域の海岸近くで、かつて大規模な貝塚が発掘された。土器の様式から約6500年前、縄文期のものだと推定された。同時にたくさんのイノシシの骨が見つかった。骨は黒く焦げていた。火で炙(あぶ)…

この記事は有料会員記事です。残り432文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載福岡伸一の動的平衡

この連載の一覧を見る