紙の出版物、ピークから半減 電子市場は最大 14年連続前年割れ

有料記事

[PR]

 2018年の紙の出版物の推定販売金額が1兆2921億円で、ピーク時の半分以下に落ち込んだことがわかった。出版科学研究所が25日、発表した。

 前年比5・7%減で、14年連続の前年割れ。落ち込み幅も過去最大だった17年の6・9%減に続く過去2番目の大きさだった。ピークの1996年には2兆6563億円…

この記事は有料記事です。残り337文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!