[PR]

 ■文人を癒やした「宝石箱」

 塩原の渓谷は日光も箱根も木曽も耶馬(やば)も及ばない。そのように紀行文『日光と塩原』に書いたのは、1900(明治33)年から度々訪れた田山花袋。記者が朝、東京を出て新幹線とバスを乗り継ぎ、栃木県那須塩原市の塩原温泉郷に着いたのは昼すぎだった。箒川(ほうきがわ)の渓流…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも