(患者を生きる:3727)食べる ギラン・バレー:5 情報編 発症前、7割に感染症状

有料記事

[PR]

 ギラン・バレー症候群(GBS)は、脳からの情報を筋肉などに伝える末梢(まっしょう)神経が侵されて、まひやしびれなどが出る病気だ。患者は人口10万人あたり年間1人程度で男性にやや多い。

 重症だと全身がまひしたり、人工呼吸器が必要になったりすることもある。杏林大学医学部の千葉厚郎(ちばあつろう)教授…

この記事は有料記事です。残り874文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!