[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会は、気象情報を分析して選手や観客らに効果的に伝えるため、民間の気象会社と気象庁の専門家による「気象センター」を設置することを決めた。昨年夏の「災害級」の酷暑を念頭に、気象情報を命を守る情報と位置づけ、官民の知恵を集めて対策に乗り出す。

 酷暑の問題…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも