[PR]

 師走の声を聞いたばかり、風は時に冷たかったが、京都の嵯峨嵐山は濃淡の紅葉に包まれて、そぞろ歩く人たちまで染め上げるかと思われた。

 今では京都と言えば桜ですが、平安時代は紅葉だったんですよ――河田久章(81)が立て板に水で解説を続けている。京都百人一首・かるた研究会の代表で、こうして歌碑を訪ね歩く…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも