[PR]

 小中学校が多様な母語への対応に悲鳴を上げている。日系人などに加えアジア圏からの子どもが急増し、子どもや保護者の母語が10言語に及ぶ学校も現れた。生活や学習に支障をきたすだけでなく、教員の負担も増加した。

 外国人が分散居住する、散在化も進んでいる。文部科学省の最新の調査では、日本語指導が必要な子が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも