[PR]

 昨年、改正水道法が成立した。注目されたのが、自治体が浄水施設の所有権を保持しながら、運営権を民間企業に譲渡できるというコンセッション(民営化の一形態)だ。

 議論が白熱する中、国会で民営化の失敗事例として南米ボリビアのコチャバンバ水紛争が示されていた。2000年、外国企業に水を握られた市民が蜂起し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも