[PR]

 茶道で使われる茶せんの産地、奈良県生駒市高山町では、原料となる竹の寒干し作業が最盛期を迎えている。

 長さ約1.5メートルの淡竹(はちく)約30本を傘の骨のように組み、刈り取りの終わった田んぼに並べて寒干しする。日光にあたり寒風にさらされることで、乾燥して緑色の竹が白くなる。さらに1年以上倉庫に寝…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも