[PR]

 昨年5月に9年ぶりの国会議員選挙があった中東のレバノンで、選挙から9カ月近くが経った1月31日、新内閣が発足した。選挙では、イランが支援するイスラム教シーア派組織ヒズボラを中心とした勢力が躍進。閣僚人事を巡り調整が難航していたが、ヒズボラが予算の多い保健省の閣僚ポストを得て決着した。米国はヒズボラ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら