[PR]

 福島第一原発事故をめぐる東京大学の早野龍五名誉教授らの論文に、市民の被曝(ひばく)線量を過小評価する誤りがあった問題で、東大が本格的な調査に入ることを決めた。調査を申し立てていた市民の代理人弁護士が4日、明らかにした。代理人によると、1月21日にあった会議で本調査の開始を決めたと、文書で連絡を受け…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも