[PR]

 パナソニックは4日、2019年3月期(国際会計基準)の売上高を従来の予想より2千億円(2・4%)低い8兆1千億円とする業績の下方修正を発表した。営業利益も400億円(9・4%)減の3850億円とした。米中貿易摩擦による中国景気の減速の影響を受け、現地向けの産業用機器や家電の販売が予想を下回った。「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも