[PR]

 1月上旬、国立がん研究センター中央病院小児病棟(東京・築地)のプレイルーム。午後7時に、おもちゃをたくさん載せたワゴンを押して女性3人がやって来た。面会終了時刻から寝る前までの1時間余り、ボランティアが「遊び」を届けてくれる。

 読んでもらった怪獣の絵本が怖くて半べそをかいた小宮山らいか君(5)は…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも