移植必要な子、薬治療に道 進行性の肝臓病、治験者不足が悩み

有料会員記事

[PR]

 子どもが発症する、珍しい肝臓病に効果が見込める薬が見つかり、有効性を確かめる治験が進んでいる。これまでは肝臓移植しか治療法がなく、効果が確認できれば世界的な発見となる。ただ、治験には6人の患者の協力が必要で、現在は4人しかいない。あと2人が年度内に見つからないと国からの研究費が打ち切られる可能性も…

この記事は有料会員記事です。残り1209文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら