顧客のFX損失、東郷証券補填か 監視委が強制調査

有料会員記事

[PR]

 証券取引等監視委員会は5日、中小証券会社「東郷証券」(東京都港区)が複数の顧客の損失を補填(ほてん)したとして、金融商品取引法違反の疑いで同社の本社などを強制調査した。関係者への取材でわかった。

 関係者によると、同社は外国為替証拠金取引(FX)で損失を出した数人の顧客に対し、計数千万円の損失を補…

この記事は有料会員記事です。残り150文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら