ヤミ専従で180人処分へ

有料会員記事

[PR]

 神戸市の労働組合役員が勤務時間中に組合活動に従事する「ヤミ専従」をしていたなどとして、同市は6日にも歴代の労組幹部や黙認してきた市幹部ら計約180人を処分する方針を固めた。管理監督責任を取って久元喜造市長は給与の30%を3カ月間自主的に減額する。

 市関係者によると、処分対象は第三者委員会の調査で…

この記事は有料会員記事です。残り143文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら