[PR]

 幽霊や妖怪、あるいは刺激的な風刺画。幕末明治を生きた河鍋暁斎(かわなべきょうさい)(1831~89)は、奇想の絵師としてのイメージが先行しがちだ。だが、実際は端正な仏や花鳥画も描くマルチな絵師で、その基礎には狩野派門下での長い修業があった。作品に残る学びの痕跡を見つめる展覧会「河鍋暁斎 その手に描…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも