[PR]

 「毎月勤労統計」の不正調査に関連して、日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁は5日の衆院予算委員会で、「毎月勤労統計の改定を受けて、景気判断が大きく変わることはない」と述べた。日銀は、国内の需要と供給力の差を表す「需給ギャップ」や企業向けサービス価格指数で同統計を活用しているが、改定値を反映したところ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも