[PR]

 ■品格の文士

 1月20日の「“眠狂四郎”を生んだ男・柴田錬三郎」(BSフジ)は圧巻だった。流行作家になるまでの戦争体験としての死生観。持ち続けた武士の魂。今では想像もできない昭和の文士の日常生活を垣間見た。最後に残ったのは「品格」という言葉。私は14歳でシバレンで歴史を知り、エッセーを読み、その…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも