[PR]

 東京・上野の東京都美術館で9日から始まる「奇想の系譜展――江戸絵画ミラクルワールド」は、長いこと絵画史の傍流とされ、近年になって脚光を浴びた絵師の作品がそろう。新たに発見されたものも含め、その数約100点。本展監修者で美術史家の山下裕二・明治学院大教授に見どころを寄稿してもらった。

     ◇

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら