[PR]

 1型糖尿病となった仙台市の料理研究家、相田幸二さん(43)は、診断から1年経っても血糖値の上下幅が少ない。まだ自身のインスリンが少し出ている「ハネムーン期」かもしれない。そう東北大病院の主治医・児玉慎二郎さん(39)と話している。

 分泌が完全に終われば、血糖値のコントロールはさらに難しくなる。ど…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら