(Media Times)記者を問題視、官邸に批判 辺野古巡る質問「事実誤認」と文書

有料会員記事

[PR]

 首相官邸が記者クラブ「内閣記者会」に対し、官房長官会見での東京新聞記者の質問に「事実誤認がある」として「問題意識の共有」を要請する文書を出していた問題で、批判が起きている。

 官邸が問題視したのは、昨年12月26日の記者会見での東京新聞記者の質問。米軍普天間飛行場名護市辺野古への移設工事に関し…

この記事は有料会員記事です。残り1419文字有料会員になると続きをお読みいただけます。