[PR]

 日韓や日朝の対立・緊張関係を憂慮する研究者らが6日、国会内で記者会見し、「植民地支配の反省・謝罪」に基づく問題解決を求める声明を発表した。和田春樹・東大名誉教授や田中宏・一橋大名誉教授らが発起人として呼びかけ、研究者や弁護士ら226人が賛同した。

 声明では、日本が1995年の村山富市首相談話や2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも