[PR]

 太平洋戦争中に沈没した戦艦「比叡」の船体の一部が、ソロモン諸島沖の海底で見つかった。米マイクロソフトの共同創業者、故ポール・アレン氏が率いた探索チームの調査船が1月31日、船首側に近い位置で切断された船体を確認した。

 同諸島にあるガダルカナル島の北西沖で、水深985メートルの海底に、全長222メ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも