[PR]

 トヨタ自動車は6日、2019年3月期の業績予想を下方修正し、純利益の見通しを従来の2兆3千億円(前年比7・8%減)から1兆8700億円(25・0%減)に引き下げた。新車販売は堅調を維持するが、株式相場の下落で保有する株の評価損が利益を押し下げるとみる。

 ■「競争力、左右せず」

 売上高の見通し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも