[PR]

 ポンペオ米国務長官は6日、シリアで拘束されている過激派組織「イスラム国」(IS)の外国人戦闘員について、各出身国が身柄を引き受けて訴追するよう求めた。IS掃討の有志連合に加わった79の国や地域の代表を集めたワシントンでの会議で語った。

 ポンペオ氏はISの支配地域を解放したことを強調しつつ、「(I…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも