[PR]

 啄木は短歌をつくりながら、「こころ」と「心」については区別立てをしていなかった。それは、すぐ目の前の「暗い心」に自分のこころをつかまれていたからだった。漱石のように、小説『心』の連載をはじめながら、途中になってはっと気がつき、本にするときに「こころ」と改めたのとは事情を異にするのだ。啄木は啄木で自…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも