[PR]

 日本将棋連盟は7日、2018年の獲得賞金・対局料ランキングの上位10人を発表した。前竜王の羽生善治九段(48)が7552万円で、2年ぶり23回目の1位になった。

 2位は名人3連覇を果たして5999万円だった佐藤天彦名人(31)。昨年1位の渡辺明棋王(34)は、今回は5119万円で3位だった。藤井…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも