[PR]

 第69回ベルリン国際映画祭が7日に開幕した。最高賞を競うコンペティション部門に日本勢の作品はないが、新鋭監督の野心作が他の部門に参加している。その世界観が、海外の目にはどう映るのか――。

 注目が集まりそうなのが、米ロサンゼルスで活動するHIKARI監督の長編デビュー作「37 Seconds」だ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも